日本のIT屋に一言

経済産業省の「DXレポート」に書いてある「2025年の崖」とはなにか?

更新日:

468 x 60 バナー広告A

経済産業省が、2018年9月7日に「DXレポート」という調査結果を発表しました。

正式なレポート名は。
DXレポート ~ITシステム「2025年の崖」克服とDXの本格的な展開~
と言います。

この長ったらしいレポートには、お役所には珍しく「バラ色の未来ではなく」「絶望の未来」が描かれています。

今回の日本のIT屋に一言では。
経産省の「DXレポート」に書いてある「2025年の崖」とはなにか?
について、いつものように 小難しいお役所言葉をわかりやすく解説しながらブログにまとめました。

最後まで読んでいただけたら幸いです。

スポンサーリンク

AdSence 336x280

そもそもDXレポートってなんだ?

まず、DXについてご説明いたします。
DXとは、最近流行りのキーワードです。

デジタルトランスフォーメーション(Digital transformation)とは、
「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」という概念である。
2004年にスウェーデンのウメオ大学のエリック・ストルターマン教授が提唱?
Wikipedia

わかりづらいなぁ
簡単に言えば、「企業のIT化を推進しましょう」
ということです。

これからの企業は、嫌でもITをないがしろにしたら、縮小するから、IT企業並みの情報戦略を持ちましょう
という「流行り言葉」です。

IT関連は、こうした「流行り言葉」が毎年のように登場します。
古くは? ウェアラブル、ユビキタス、Web2.0、ビッグデータ
まるで、広告会社が企画したような用語が並びます。
消えてしまったようなものも多いし、なんじゃそれ? という現場からしたら「ITに素人の経営者を騙す」ようなキーワードも多数含まれています。

今は、「とりあえず AI」と言っておけば、無知な経営者は、おカネを出すでしょう。

ちょっと 脱線しました。

話をもとに戻します。

今後、ITに力を入れない企業は、国際競争に負けて会社がなくなりますよ
という脅しのようなキーワードです。

このキーワードをもとに
未だにSSL化していない、経済産業省のお役人さんと御用学者さんが作成したものが
「DXレポート ~ITシステム「2025年の崖」克服とDXの本格的な展開~」
という報告書です。

では、内容を探っていきましょう。

ITシステム「2025年の崖」克服

ITシステムというのは、このレポートでは、企業の基幹システムを指します。

お役所言葉なので結論を簡単に書きます。

企業の基幹システムを長年使い続けてきたために、メンテナンス費用ばかりかかってしまい、新しいデジタル関連の取り組む予算をかけられない。
そのため、デジタル技術が必須になる企業競争で敗北してしまう。
だから、経営者のみなさん、古くなった基幹システムを一刻も早くリニューアルして来るべきデジタル社会の準備をしなさい。

そのためには、大型案件がなくなって経営が厳しくなってゆくSIerさんにおカネをたくさん払ってね!
※最後の1行は、心の声です。

それをくどくどと書いているレポートですが、「2025年の崖」の意味は、

最大12兆円/年(現在の約3倍)の経済損失が生じる可能性(2025年の崖)

つまり2025年に意味があるわけではなく
「最大12兆円/年(現在の約3倍)」という数字から割り出した年

ということです。

なぜ、古い基幹システムがおカネがかかるかを延々と書いているだけで案外中身は、スカスカです。

なぜこんなレポートが出てきたか?

労働集約型産業である日本のIT産業は、多重下請け構造で安いギャラでエンジニアをこき使い、中間マージンを取得するSIer(システムインテグレーター)という企業が発展してきました。
悪口を書いていますが、これは、事実です。

そのやり方が、通じない時代へとなってきました。
基幹システムのパッケージ化によるコスト削減です。

これについては、過去にブログにしてきたのでそれを参考にして下さい。

人月商売のベンダーから脱出を急げ 大型案件の終了とともに下請け切りがはじまる?

みずほ銀行のシステムは、7/14-17にかけて第二回目の移行が実施されます。 マスコミは、よくわかっていないので 「みずほ銀行大丈夫だ」と言っていますが、 次回から、口座の移行が始まるので 「本当の勝 ...

続きを見る

とは言っても、日本の企業は、人が中心なので業務のパッケージ化に反対する人がいます。
そのため、その人が気に入るようなシステムを高いお金をかけてつくってきました。
人に合わせた業務システムは、非効率、非経済ですが、それを「よし」としてきたITに詳しくない経営者がほとんどです。

そこが、今回の「2025年の崖」というキーワードです。

銀行のシステムが、みずほ銀行を最後に一通り終了します。
地銀は、銀行のパッケージを使い始めてコスト削減を開始しています。

というわけで金融系の基幹系システムの入れ替えが完了し、SIerとして次の案件が減少してきました。
案件が減れば、下請けに出す仕事も減り、下請けのIT企業は、悲鳴をあげます。
更に下請けに雇われたエンジニアは、仕事を失うこととなります。

IT関連産業の従事者は、100万人を超えています。
そのうちSIerの下請けで働いている人が、40万人ともいわれています。

SIerの案件が減れば、この40万人の仕事が失われて失業者が増えます。
政府とすれば、いやな数字ですね。

そこで、古い基幹システムを再構築させて雇用をつくろうとしています。

東京オリンピック後に不況はやってきます。
あるいは、来年辺りから世界経済が危ういという経済学者もいます。
直近のニュースで中国が、GDP2位から滑り落ちました。
世界でおカネを使っている国の米国と中国のうち片方が怪しくなってきました。

現在、繰り上げで日本が2位になっている状況です。

ERP and Cloud

欧米企業では、ERP(Enterprise Resources Planning)というパッケージシステムで基幹システムを動かしています。
システムを企業(人)に合わせるのではなく、ERPに人を合わせて合理化しています。

ERPは、Cloud(クラウド)で運営されているので、トラブルも少なく、専門の人員確保も必要ありません。
そのため、誰でも企業の事務作業ができるように構築されています。
日本のように「誰々じゃないとわからない」ということはないのです。

このERPand Cloudが導入されると、SIerという労働集約型、別名(人月商売)が壊滅します。
一回導入したら、ERPの会社がメンテナンスするのでSIerという御用聞きのようなIT企業はいらなくなるのです。

数年後、おそらくオリンピック後は、景気が後退して、ITに投資する企業はなくなります。
その時、AI、IoTなどの専門的知識を持った人以外の仕事がなくなくなことでしょう。

そのときITエンジニアの仕事が続けられるでしょうか?

スポンサーリンク

AdSence 336x280

まとめ

人手不足と言いますが、ひとあまりの時代は、必ずやってきます。
AIが普及しロボットが仕事を始めたら、人はいらなくなるのです。
SFだとお思いでしょう?

経済産業省は、「2025年の崖」と言っていますが、自分は、もっと早く崖がやって来ると思っています。
そのときにエンジニアとして生き残るにはどうすればようか、仕事のある今のうちに考えることが大切だと思っています。

参考資料
DXレポート ~ITシステム「2025年の崖」克服とDXの本格的な展開~
http://www.meti.go.jp/shingikai/mono_info_service/digital_transformation/20180907_report.html
経済産業省

AdSence 336x280

AdSence 336x280

-日本のIT屋に一言
-,

Copyright© IT小僧の時事放談 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.