IT小僧のブラック時事放談

「auは、全機種 5Gへ」って発表されたけど どこで繋がるのか教えてほしい


毎年、9月末から10月にかけて 国内3キャリア(docomo,au,SoftBank)は、新機種の発表が行われます。

今年は、9 月 25 日、KDDI は au の冬春モデル発表会を開催しました。

今回のIT小僧のブラック時事放談は、
「auは、全機種 5Gへ」って発表されたけど どこで繋がるのか教えてほしい
と題して、5Gって、一般の人にどれだけ必要なのか?

というお話です。

スポンサーリンク

5G対応の端末は、5Gの契約しかできない。

iPhone 12が発表されました。全機種とも5G対応となるわけですが、SIMフリー版で購入した場合でも3キャリアで現在使用しているSIMが使えないと言われています。

今のところ 5Gの端末を購入した場合、いや応なしに5Gの契約となりそうです。

現時点で 事実上、ほとんどの人が使用できない5G なのに 割高の5Gの契約しかないとは、

それって、あとから問題になたないでしょうか?

5Gは、未来

などと盛んにアピールしていますが、どれだけの地域がつかえるの?
5Gにしたらスマートフォンで何ができるの?
どの通信会社もはっきりと方向を示していないため

イメージ広告でしかない

しかも 現在、日本で販売されているスマートフォンのほとんどは、本当に爆速な5G(ミリ波)に対応できていない。
Galaxyのいち部を除いて 5Gという名前の4Gに毛の生えた機能しかないというのに

5G 激速未来 などという耳心地のよいキーワードで高価な契約に結びつけようと・・・

これ以上は、ブラックを呼んでいる読者の皆様 お察しください。

 

全機種 5Gへ

9月25日、KDDI は au の冬春モデル発表会を開催

Galaxy Note20 Ultra
Galaxy Z Fold2 5G
Galaxy Z Flip 5G
Galaxy A51
Xperia 5Ⅱ
AQUOS Sense Basic

計6端末がアナウンス
そして、そのキャッチコピーが

auは、全機種 5Gへ

はぁ? ところで 5Gって全国で繋がるの?

5Gの現実

東京丸の内付近の写真を見てほしい。

この赤い丸が、5Gを使える場所です。

点ですよ、点

都内でさえこの状況ですから、ほかの場所などないに等しい。

大阪も参考までに見てみよう

どうですか?

5Gって電波が遠くに届かないので こんなもんなんです。

こんな範囲しか届かないのに 高価な5Gのスマートフォンって必要ですか?
そして、もちろん これらのスマートフォンの契約は、5Gがほぼ前提となっています。

auのマップで自分の住んでいるところの5Gの接続エリア見てください。
https://www.au.com/mobile/area/#areasearch
https://www.au.com/mobile/area/5g/

絶望的に繋がらないと思いませんか?
これが、5Gの原状なのです。

なんちゃって5Gで全国で繋がるらしいぞ

「ダイナミックスペクトラムシェアリング」(DSS)という技術があります。
この技術を使えば、一気に全国で5Gが使えるぞ・・・

という話もあります。

このDSSという技術は、現在の4G回線に同居する形で5Gの電波を出す仕組みなのですが、残念ながら、そのスピードは、4Gのものとさほど変わりありません。

現在の回線と余り変わらないのに5Gとアンテナが表示されれば、「5G来たぁ」と見た目上喜ぶ人もいますが、その影響で
4G利用者の通信速度が落ちてしまうことが懸念されています。

つまり、携帯電話会社の宣伝文句と同じ体験ができるかというと 疑問でもあるのです。

5Gのエリア整備計画、その裏にある携帯各社の戦略の違い

IT小僧は、これを「なんちゃって5G」と呼んでいます。

割引規制とコロナ禍でスマホ出荷台数が大幅に減った

昨年(2019年)の10月、総務省の施策で携帯電話の割引が、最高で2万円となりました。

2020年第1四半期(1月〜3月)における、世界スマートフォン販売台数は前年同期比20.2%減で、史上最悪の落ち込みとなっています。

日本だけの問題でもなく、世界的な状況です。

新型コロナの影響とは言え、かなりダメージがありました。

【プロの眼】新型コロナの影響(上) スマホ販売に大打撃

総務省の施策

大手携帯電話会社は、これまで、端末との抱合せと2年縛りで端末代金が、半額、時には、それ以上 一括¥0で(MNP)iPhoneを購入できたりと 高価なスマートフォンを安価で入手できていました。

国内でiPhoneが普及したのもこの大幅な値引きがあったからです。
2年縛りと言え、iPhoneが安価で買えるならばと契約した人も多いはず。

こんな時代もあったのです。

2年縛りでもいいから、安価なiPhoneを買えるほうがよかったのではないですか?

総務省の狙いとしては、通信料金が分かりづらい、2年縛り、料金が高い という問題があったとされますが、昨年の改悪な施策により

  • スマートフォンは、ほぼ定価
  • 料金は、さほど変わらない
  • 高価なスマートフォンは、5G対応なので高価な通信プラン

とどめに、5Gのスマートフォンを購入しても5Gの電波がほぼない。

安く見せようとして、何十ギガの通信を定額と言って 高価な料金体系となっています。

でも、みんながみんな、一月に何十ギガも使いますか?

auは、サムスンの代理店?

KDDI は au の冬春モデルをもう一度みてみよう

Galaxy Note20 Ultra
Galaxy Z Fold2 5G
Galaxy Z Flip 5G
Galaxy A51

6機種のうち、4機種がサムスンのスマートフォンになっている。

auは、サムスンの代理店となっているのではないか?

XperiaとAQUOSの2つは、SIMフリー端末として販売される可能性があります。
唯一、サムスンのGalaxyシリーズは、SIMフリーの端末が購入できません。

つまり、Galaxyシリーズを購入したければ、大手キャリアと契約しなさい
と言っているようなものです。

あの Xperia でさえ、SIMフリーの販売をはじめるというのに

5Gプランって必要か考えて

高価なスマートフォンを購入させたい
5Gの高価な契約をさせたい

という状況がミエミエです。

5Gの契約をしても、上記のエリア以外で使えないということで、普段は、4Gを使うわけですが、使えない5Gにために余計な通信料金を支払うなんて無駄そのもの

そもそも 5Gにしてもスマートフォンでなにをするのでしょうか?
未来がやってくる なんて 煽っていますが、それって必要ですか?

IT小僧が考える5Gって、スマートフォンではなく、工業、医療現場などで必要であって個人のスマートフォンに搭載するレベルではないし、必要ではないと考えています。

そりゃ、全国どこでも5Gが使えれば 文句は言いませんが・・・

まとめ

ハイスペックなスマートフォンのほとんどが、5G対応となるでしょう。
そのかわり、高価な通信料金と高価な端末代金を覚悟してください。

そして、ほとんどの人は、5Gの高速通信は、必要としていないのです。

いや、ちょっと訂正します。
「全国どこでも5Gが使えれば」ということです。

夢のように語られた5Gなんて 現時点ではこんなものです。

どうです、それでも5Gのスマートフォン必要ですか?



スポンサーリンク

-IT小僧のブラック時事放談
-, ,

Copyright© IT小僧の時事放談 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.