IT小僧のブラック時事放談

「iPhoneの魔法」が残っているかどうかは、2019/09/10(米国時間)に証明される。 事前リーク通りのデザインだったら凹む

投稿日:

AdSence 自動サイズ

アップルを創った怪物―もうひとりの創業者、ウォズニアック自伝

アップル社は、昔から魔法使い達が生息していた。

Apple ][は、スティーブ・ウォズニアックという魔法使いのような天才エンジニアが作り上げた。

Macintoshは、ビル・アトキンソンというソフトウェアの魔法使いが彩りを加えた。

iMac、iPod、iPhoneは、ジョナサン・アイブの魔法のようなデザインとスティーブ・ジョブズの魔法のプレゼンでアップル社の大躍進へとつながった。

そして、今のアップル社には、魔法使いたちが誰もいなくなった。
残るは、在庫管理のスペシャリストだけ

今回のIT小僧のブラック時事放談は、
「iPhoneの魔法」が残っているかどうかは、2019/09/10(米国時間)に証明される。 事前リーク通りのデザインだったら凹む
と題して、
アップル社から魔法使いのようなエンジニアやデザイナーそしてプロデユーサーがいなくなった2019年のiPhoneは、どんな姿を見せるのか?

について、野次馬的にブログにまとめました。

最後まで読んでいただけたら幸いです。

スポンサーリンク

AdSence 336x280

事前リーク

ここ数年、アップル社の新しいiPhoneは、事前リークの答え合わせとなっている。

昨年などは、型番までリークされ Xsのsが大文字なのか?小文字なのか?なんてことまで出てきていました。

今年も事前リークでiPhoneの姿どころかモックアップまで登場、ASCII社のYouTubeで見ることができます。

主な事前リークだと

iPhone11/11 Pro/11 Pro MAX という名前で

A13プロセッサ
トリプルカメラ
Apple Pencil
充電分け与え機能
Lightning端子
ディスプレイ内に指紋センサー?

おお、色が増えるようです。

カラーラインナップ ローズゴールドが追加、全部で4色
・シルバー
・スペースグレイ
・ゴールド
・ローズゴールド

はっきり言おう

どれもこれも目新しくない。

Android端末では、CPUを除いてすべて1年近く前には、実現済み!

かっこ悪いカメラ

デザインは、2年前の X と変わらない。Androidの世界では、もう廃れているノッチ(切り欠き)そして、背面に

「ブサイクな3眼カメラの出っ張り」

をつけて登場と言われている。

今さら指紋センサー?

「ディスプレイ内に指紋センサー」は、ないかも知れない。
なにせ あれほど、指紋認証は時代遅れ、FaceID(顔認証を強調)でセキュリティバッチリ!と宣伝していたくらいですから

今更、指紋認証をつけるなど、恥ずかしいでしょう。

ただし、今のアップル社なら、

「皆様のために指紋認証も付けました」

と言ってくるかも知れない。

Lightning Cable <-> Type-C

USB TYPE-Cケーブルは、大きな収益であるLightning Cableの売上に響くのでそのまま
お茶を濁すようにLightning Cableではなく、

充電側のコネクタは、Type-Cにして「どや!」

とするとも言われている。

スポンサーリンク

AdSence 336x280

デザインなきアップル社の製品

2019年、iPod touchが登場した。

「安いiOSが使える」

なんてヨイショ記事がでたけど、デザインは、4年前のままで登場
今や話題にもならない。

デザインより、金型と設計をそのまま使ってコストダウンを図ったとしか思えない

かっこ悪いと言われていた、Windows PCも最近は、ビジネス用でもかなりデザインされてきたのに
4年以上前のデザインをそのまま流用なんて、ありえない。

チタン製のクレジットカードのデザインで手がいっぱいだったのかな?

photo

進歩なきiPhone

iPhoneは、2年前のiPhone X依頼進歩が止まってしまった。
CPUが、どんなに速くなっても Siriは、ただの音声コマンドインターフェイス止まり
GoogleやAmazonのAIに置いてきぼりを食らっている。

そもそもSiriは、iPhoneを売る道具くらいしか考えていなかった「ツケ」がまわってきたようだ。

スポンサーリンク

AdSence 336x280

サービスは、現場に任せろ

アップル社は、2019年3月にサービスに特化したプレゼンを行った。
特に動画ストリーミングサービス

正直いうとNetflixには足元にも及ばないだろう。

例えば「全裸監督」は、アップルの動画サービスでは、絶対に出てこない。

現場でやろうと思っても、アップル社からストップがかかることが、目に見えている。

断言しよう「くそつまらないドラマしかできない」と思う。

巨匠ばかり並べても「面白いものはできない」ということはわかる。

挑戦的で「何かを起こしてやろう」という作品は、名声を気にする巨匠からは、生まれない。

アップル社は、カネがあるんだから「現場にすきなようにつくらせて配信する」という覚悟が必要である。

エロならエロでいいじゃないですか、年齢制限すればよいだけのことです。

アップルの動画サービスでエロ系が流れたら大ヒットすると思うけどな。

魔法使いがいないアップル社

冒頭に話したように、今のアップル社には、
「魔法使いがいない」

iPhoneは、Androidの後追いしかできないし、画期的な大発明も出てこないだろう。

せめて、デザインだけでも「すげー」と思わせてほしい。

アップル社は、常に時代を切り開いて成長してきたのである。

最後のお願い

iPhoneは、完成形だ
なんて、大人びた対応ではなく挑戦してほしい。

今年、GoogleのPixel 4は、ジェスチャーでスマートフォンをコントロールする機能があるらしい。
それが、便利かどうかは、わからないけれど、挑戦しなければ何も生まれない。

このままだと、今年どころか来年のiPhoneも予想できてしまいそう。
今年(2020年)は、「5Gに対応しました」デザインは、同じです・・・ねえ iPhoneは、完成されたデザインなんです。

そうじゃないだろ

「さすがアップルだね!」

と感じさせてほしいと思います。

元信者からのお願いです。

スポンサーリンク

AdSence 336x280

AdSence 336x280

AdSence 336x280

-IT小僧のブラック時事放談
-,

Copyright© IT小僧の時事放談 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.