IT小僧のブラック時事放談

「プッシュ通知をオフ」にしている Tim Cook(ティム・クック)CEO 【IT小僧のブラック時事放談】

更新日:

AdSence 自動サイズ

スティーブ・ジョブズ全発言 世界を動かした142の言葉 (PHPビジネス新書)

「Apple信者歴30年」だったIT小僧は、今やすっかり自由の国へと脱出しています。

iPhoneは、箱の中に眠っているし、パソコンもHPが中心だ。

iPhoneは、今でも使いやすいと思うけど、最近のAppleの考え方がどうも好きになれない

今回のIT小僧の時事放談は、
「プッシュ通知をオフ」にしている Tim Cook(ティム・クック)CEO
と題して
CEOとしてiPhoneのプッシュ通知をオフにしていることを公の場で言ってしまったCEO
正直なのか? それとも ???

小難しい話をわかりやすく解説しながらブログにまとめました。

最後まで読んでいただけたら幸いです。

スポンサーリンク

AdSence 336x280

TIME 100 summit 2019

TIME誌が、毎年開催している「TIME 100 summit」で
Apple社 CEOのTim Cook(ティム・クック)氏が壇上で

「モバイルデバイスの中毒性や、Appleの役割について」
という話の中で

「人々が絶えずiPhoneを使うことをAppleは意図していなかった」

ということと

「ここ数カ月、プッシュ通知をオフ」

にしていることについて言ってしまいました。

Digital Wellbeing

昨年から米国を中心にDigital Wellbeing(でじたるうぇるびーいんぐ)が、ブームのように言われ始めました。
主にスマートフォンですが、デジタルガジェットなどの依存症からの脱出がテーマです。

AndroidもAppleもDigital Wellbeingには、最新OSで対応していて
設定画面の中に項目が増えているはずです。

Googleは、昨年の8月に、Digital Wellbeingを提唱し Android 9に搭載しました。
※国産、特にキャリア版のスマートフォンは、一部未対応です。(Xperia XZ1は、導入なしでした)

iPhoneは、スクリーンタイム(使用状況の追跡と使用制限のためのダッシュボード)を導入しています。

国内では、「歩きスマホ」のように行動自体に注意喚起していますが、米国では、スマホ依存症そのものからの脱却を目指しています。
当ブログでも過去に取り上げましたが、日本では、まだ、Digital Wellbeing自体あまり取り上げられていない状況です。

デジタル ウェルビーイングなんだろう? 日本では、まだ流行ってないけど少しだけ先取りします。 Digital Wellbeing

我が家にやってきたPixel3の設定メニューに Digital Wellbeing という項目があります。 この項目を開くと以下のようにスマートフォンの行動パターンが表示されています。 「そう言えば  ...

続きを見る

米国では、Digital Wellbeingについて かなり神経質になっているようです。
もっとも2019年の秋頃には、話題にもなっていない可能性も大きいですが・・・

iPhoneを使い過ぎないで!

Apple社 CEOのTim Cook(ティム・クック)は、TIME 100 summit 2019で

「人々はiPhoneを置き、アプリの使用を減らすべき」

「人々が絶えずiPhoneを使うことをAppleは意図していなかった」

「Appleは決して使用時間を最大にしたいわけではなかった。そうしようともしていない」

と言及しています。
「プッシュ通知をオフ」にしていることを表明しました。

通知がうっとおしい

iPhoneは、スマートフォンとして世界中に広まり、社会現象にもなってきました。
多くの人が、iPhoneを買い求め、いつでもどこでも使っています。

スマートフォンは、「歩きスマホ」どころではなく、運転中、自転車に乗っていても
未だにスマートフォンを使っている人がたくさんいます。

そして何より

「絶えずやってくるプッシュ通知が鬱陶しい」

これは、Tim Cook氏と同意見です。

とにかくなんでもプッシュ通知

最近は、アプリのプッシュ通知を片っ端から停止、特にFacebookは、通知項目が多い

Facebookは、最近、あまり興味がないので「お友達」以外は、クローズで通知も最低限にしています。
楽天も通知や多いのでメール停止、アプリも削除

その他、SNSも通知を最低限にしています。

Pixel 3の場合、端末を伏せておくと
「すべての通知を黙らせる」機能があるので積極的に利用中です。

「プッシュ通知をオフ」にしているTim Cookさん その気持はよくわかるよ
でも、iPhoneを販売しているあなたが言っては、いけないよ。

せめて、必要なもの以外は、通知できない機能がiPhoneにあるのでそれを活用していると言わないと

Tim Cook氏には、このCMを見ていただいて次のiPhoneに搭載してほしい。

Flip to Shhh

スマートフォンのスクリーンを下にして置けば
通知がオフになります。

スマホ中毒にして販売数を増やしたろ!

中毒や注意散漫を起こり得るiPhoneそのものをつくり、莫大な利益を得たCEOが、いまさら

「Appleは決していかなるデバイス中毒や注意散漫を起こしたくはなかった」

と言っても説得力はないな!

そこまで言うのなら、すべての通知機能に関してAppleが責任を持って必要以外の通知を許可しない
というところまで踏み込んでほしい。

Facebookやアプリが、ユーザーにどのような影響を与えるかを考えることなく
ビジネスのためにiOSの通知機能を展開してきたではないか!

Facebook攻撃

Tim Cook氏は、ここ数年、ずっとFacebookについて攻撃を繰り返してきました。
また、個人情報に対して神経質に言及してきました。

「Appleは、個人情報で商売していない」

でも

「中国にiPhoneを販売する条件として、中国政府にiCloudの鍵を渡してしまいましたよね」

それって、事実上、個人情報を政府に手渡したのと同じです。

公な場で他社を避難するのなら、iPhoneのAppStoreから例えば、Facebookを削除したらいかがでしょうか?

スマートフォンは、SNSがキラーアプリとして販売台数を伸ばしてきました。
iPhoneも同じです。

今になって 個人情報がと言っても 個人情報がおカネを生んでいるから
インターネットは、無料で使えているということを考えてほしい。

いまさら、個人情報守ります。
と言っても、すでに世界中のデジタルデータに個人情報がばらまかれている以上、
Appleだけは違いますと言っても遅いし手遅れです。

なにごとでも同じですが、無菌状態の生物は、非常に脆弱です。

次の世代へ

むかしむかしApple Computerは、明日にでもMicrosoftやSONYに売却されるんじゃないか?
という時代を見てきました。

Appleをここまで大きくしたCEOは、素晴らしいと思います。
しかし、ここ最近のAppleは、停滞しています。

次の革新的な人にバトンを渡してもいいんじゃないでしょうか?

Microsoftが絶好調です。
Googleも革新的な企業に変わりありません。

それぞれ、テクノリジーに明るく先を見通すCEOが就任してからビジネスが成長しています。

Appleは、このままでは、SONYのように金融会社が本業となりそうですが、それでいいんでしょうか?

IT小僧は、チタン製のクレジットカードより、革新的な未来を見たいと願っています。

まとめ

iPhoneが売れてAppleは、お金持ちになりました。
つねに挑戦者であったAppleは、守りにはいっています。
その状況からは、革新的なガジェットは出てきません。

他社のテクノロジーやアプリで評判のよいものをiPhoneに取り込み

「革新的だ」

と発表会で言っているだけが、何年も続いています。

そんな発表会で

「Appleは、最高だ!」

「Appleの製品ならばなんでも絶賛」している限り

もう、何もAppleからは、出てこないでしょう。

非難するべきところは、非難すべきです。

なんで先行していたSiriが、周回遅れになった。
QuickTimeで最先端の動画環境を提供していたのに、どうしてプロから見放されているのか?
Macintoshは、iPhoneのためだけにあるのではないぞ!
くだらない意地でTouch Barなんて最悪なインターフェイスを乗せるな
さっさとタッチパネルを導入したらどうだ!

Appleの革新性を奪ったのは、自分も含めてApple大好きな人たちかも知れないと最近思っています。

スポンサーリンク

AdSence 336x280

AdSence 336x280

AdSence 336x280

-IT小僧のブラック時事放談
-,

Copyright© IT小僧の時事放談 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.