小僧のオススメ

WiMAX +5Gを契約 スピードは? 端末は? 5Gの測定値に驚く

現在使用しているWiMAX 2+の契約更新月になった。
これまでは、ソネット(以前は、NURO)のWiMAXでしたが、更新先は、UQ WiMAXに変更した。

理由は、WiMAX +5Gという新しいプランが、2021年4月8日受付開始となったからです。

5Gなどどうせエリアが狭いし実用的ではないとIT小僧も思っていますが、5Gよりもプラン自体 かなり使えそうなものだと判断したからです。

今回のIT小僧のオススメは、
WiMAX +5Gを契約 スピードは? 端末は? 5Gの測定値に驚く
と題して、届いたばかりのWiMAX +5G及びGalaxy 5G Mobile Wi-Fiという端末について 初日の感想をまとめました。

まだ5Gには、つないでいないため、そのレポートは、追加しますが、このWiMAX +5Gというプラン
WiMAX使いには、大きな進歩だと感じています。

なにかの参考になれば幸いです。

モード別エリアと月間データ容量

WiMAX +5Gについて まずは、一覧から見てください。

モード別エリアと月間データ容量

 ご利用エリア※2月間データ容量
スタンダードモード(初期設定)WiMAX 2+と同等のエリア上限なし
プラスエリアモード(オプション利用料:税込1,100円※3)auサービスと同等のエリア15GB※4

※2各モードにおいて、WiMAX 2+、au 4G LTE、au 5G通信がご利用いただけます。各モードでご利用いただけるエリアは、こちらをご確認ください。
※3「プラスエリアモード」を選択して通信を行うとオプション利用料がかかります(お申し込み不要)。また、別モードを選択し直した場合でも同月の利用料は日割とはなりません。
※4「プラスエリアモード」で当月ご利用の通信量が15GBを超えた場合、当月末までの通信速度を送受信最大128kbpsに制限します(スタンダードモードのご利用時は対象外です。
※ご利用されるエリアの混雑状況により速度が低下する場合があります。

通信速度制限

※直近3日間にご利用の通信量が合計15GB以上の場合、ネットワーク混雑時間帯に通信速度が概ね1Mbpsの制限を行います。
※エリア混雑状況により速度を制限する場合があります。
※ネットワークの継続的な高負荷などが発生した場合、状況が改善するまでの間、サービス安定提供のための速度制限を行う場合があります。
※本サービスは、ベストエフォート型サービスです。記載の速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。エリア内であっても、お客さまのご利用環境、回線の状況等によって大幅に低下する場合があります。

ここに重要な記述があります。

各モードにおいて、WiMAX 2+、au 4G LTE、au 5G通信

つまり、これまでWiMAX 2+でしか接続できなかったスタンダードモード(ハイスピードモード)でもau 4G LTEとau 5Gが追加料金なしで使えるということです。

通信バンドで言えば

バンド41(2.5GHz)WiMAX 2+
バンド1(2GHz帯)  au 4G LTE

バンド3(1.7GHz帯)au 4G LTE
N78(3.7GHz帯) 5G用(Sub6) ミリ波ではない

となりました。

WiMAX 2+は、バンド41(2.5GHz)だけだったので、場所によっては、接続が切れる場合もあったのですが、au 4G LTE回線が追加されたということで「つながらない」ということはかなり減ると推測されます。

そして、通信制限に関してもユーザーにとって恩恵ありとなりました。

直近3日間 10Gだったものから 直近3日間 15Gと増えています。

プラスエリアモード(ハイスピードプラスエリアモード)

さらにこれまでWiMAX 2+が接続できなかった場合、追加料金を払って使うことになるプラスエリアモード(ハイスピードプラスエリアモード)も7G制限から15Gに制限が変わりました。

そして これまでは、

一度、プラスエリアモード(ハイスピードプラスエリアモード)にしてしまうとスタンダードモード(ハイスピードモード)も制限が発生

するという訳のわからない制限が撤廃されました。

こちらの通信バンドは、バンド18(800MHz帯)つまり プラチナバンドと呼ばれる 「より接続できるバンド」となっています。
もっとも一度も使ったことはありませんが・・・

進化したネット WiMAX +5G について

こちらも一覧から見てください。

スタンダードモード/月間データ容量上限なし上限なし
ハイスピードモード
プラスエリアモード/月間データ容量15GB7GB
ハイスピードプラス
エリアモード月間データ容量超過時にプラスエリアモードのみハイスピードモード/
速度制限がかかるモードハイスピードプラスエリアモード
混雑回避のための速度制限条件3日間15GB3日間10GB

そしてよくある※印ですが、ここに重要な記述があります。

※1:「2年自動更新あり」の場合。 「2年自動更新なし」の課金開始月から26ヶ月目以降および「期間条件なし」の場合、税込5,005円/月となります。 課金開始月から起算した25ヶ月間(「ギガ放題プラス(2年自動更新なし)」の契約期間満了後もしくは「ギガ放題プラス(期間条件なし)」からプラン変更された場合は、その変更が適用となった月から24ヶ月間)の契約となり、さらに2年間(24ヶ月間)の自動更新となります。
契約期間の最終月を「満了月」、満了月の当月、翌月、翌々月の3ヶ月間を「更新期間」とし、更新期間以外に解約または「ギガ放題プラス(期間条件なし)」へのプラン変更のお申込みをされた場合は税込1,100円の契約解除料がかかります。
「ギガ放題プラス(2年自動更新なし)」の場合、満了月より前に解約または「ギガ放題プラス(期間条件なし)」へのプラン変更のお申込みをされた場合は税込1,100円の契約解除料がかかります。詳細な適用条件は契約約款および契約時の重要事項説明等をご確認ください。

※新規事務手数料: 税込3,300円がかかります。
※「auスマートバリュー mine」は対象外です。
※5Gルーター専用の料金プランです。
※5GルーターはWiMAX 2+ルーターの料金プランではご利用になれません。
※料金プランの変更は翌月からの適用となります。

つまり 接続しやすくなって 通信制限幅も5Gアップされたわけです。

更新期間以外に解約または「ギガ放題プラス(期間条件なし)」へのプラン変更のお申込みをされた場合は税込1,100円の契約解除料
そうです、税込1,100円の契約解除料なのです。

これは、UQ WiMAX(本家)だからで他のプロバイダーは、どうなるのでしょうか?
3年縛りありでキャッシュバックはあるけれど途中解約料が、数万円なんてこともああるのでそれぞれのプロバイダーを見てください。

IT小僧は、どこからも依頼を受けていないので どのプロバイダーが得かどうかは、書きませんが、契約解除料金は、結構重要です。

Galaxy 5G Mobile Wi-Fiは、スマートフォンだ!

この WiMAX +5G に対応した Galaxy 5G Mobile Wi-Fi という端末ですが、完全にAndroid端末です。

見かけこそ ルーターですが、赤い枠を見てください。

この■と▲の位置、Galaxyユーザーならば、配置も同じ 戻るボタンとホームボタンです。

アップデートの画面は、こちら

完全なAndroid端末です。

猛者の人は、ADBコマンドでスマートフォンとしてゲームとかインストールしている人もいるらしいですが、IT小僧は、まだやっていません・・・

画面は、こんな感じで 縦型にもなります。

横型表示

縦型表示はこんな感じ

通信量、接続状況、設定画面など これまでの小さなメニューとは違い、スマホライク(というより スマホのアプリ)に設定できます。

これまでのように 192.168.1.1 をブラウザに入力してなんてことは必要もなく、スマートフォンにアプリをインストールする必要もありません。

MACアドレスフィルタリングも簡単に画面で設定できます。
もちろん、スマートフォンですから、スマートフォンと同じキーボードで入力です。

標準のキーボードでスワイプで入力(日本語切り変えも問題なし)

設定でこんな入力形式も可能(パスワードなどの入力も らくらくです。)

バッテリーの容量も5000mAh あるのでどれぐらい使えるのかは、今後調査する予定です。

詳しいスペックは、Galaxyの公式ページがあるので確認して見てください。
https://www.galaxymobile.jp/accessories/galaxy-5g-mobile-wifi/
https://www.galaxymobile.jp/support/mobile-devices/how-to-use-galaxy-5g-mobile-wi-fi/

ざっくりとスピードチェック

IT小僧の自宅付近では、5Gを掴むことができないので 5Gについては、後日報告しますが、だいたいこんな感じ

電波がゲージが、2/3程度でこの感じなのでもう少し電波の良いところや5Gを捕まえたらどのぐらい出るかは、明日以降の調査が必要です。

明日から、屋外や電車など移動して使う予定なのでそれらのレポートに関しては後日報告します。

2021年5月10日 5Gのエリアで試験した結果 凄い数字が出てきました。

もっとも この測定値が正確かどうかは、疑問ですが、5Gのエリアならば200bps以上は出ているようです。

400Mbpsは、怪しいので別のアプリで測定してみました。

しかし、ここで注目すべきことは、速度測定を行うと大量のデータ通信が発生するということです。

例えば、上記の436Mbpsの測定では、450M以上送信されています。
これは、測定ばかり行うと「あっという間に制限されてしまいそうな勢い」です。

5Gは、スピードは快適だけど危険な香りがします。

参考までに電車の中(湘南新宿ライン)池袋駅 ⇒ 尾久駅 の間で計測しました。

これまでWiMAX 2+だけの場合、)池袋駅 ⇒ 尾久駅の間は、通信が途絶えることがほとんどでしたが、今回は、切断されることもなくNetflixが快適に鑑賞できました。

おそらく 4G LTEの接続がされたと推測されます。

まとめ

実際に5G(と言ってもSub6)なので それほどスピードに期待していないし、5Gを捕まえたらラッキー程度と思っています。

それより WiMAX 2+、au 4G LTE(プラチナを除く)、au 5G通信が追加料金なしで使える意味は、大きな意味があると思う。

詳しくは、追ってレポートしますが、面白い端末であると感じています。

しかし、最大の欠点は、でかくて重い
サイズ(H×W×D): 約147mm×約76mm×約10.9mm
重量: 約203g

これは、重い・・・

注意

以前のブログでも書いたのですが、モバイルWi-Fiは、あくまでも自宅外で複数デバイスを利用する人以外、もつ必要はないと思っています。お一人様ならば、大容量の契約をオススメします。

自宅ならば、光などの固定回線がベストですのでこれを自宅で使う場合は、容量と回線スピードを納得できるかの判断になります。

あとがき

モバイルWi-Fiの契約で今回 UQ WiMAXにしたのは、解約時の金額が、1100円ということが大きかった。
2年、3年縛りにしても大きな料金差がないのは、UQが、auの傘下ということで経産省の指導の影響が大きい。

たしかに、他のプロバイダー(代理店)の場合、キャッシュバックがありますが、契約解除料もそれなりにかかります。
そのコストをどう考えるかということで 今回は、UQ WiMAX(本家)にしたわけです。

注意
この記事は、どこからもおカネをもらっていないのでIT小僧のかんじたことをレポートしています。

-小僧のオススメ
-

Copyright© IT小僧の時事放談 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.