IT小僧のブラック時事放談

WWDC21 開発者会議だから新製品が出るわけじゃないけど カネ持ってんだから もっと いろいろなことができるだろ

Let him who would move the world, first move himself.
世界を動かそうと思ったら、まず自分自身を動かせ。

Socrates
ソクラテス

アップルは日本時間の6月8日の未明に開発者向けイベント「WWDC21」を開催しました。

昨年同様、観客なし
そのかわり キモいミー文字の生首が会場に並んでいる。

今回のIT小僧のブラック時事放談は、
WWDC21 開発者会議だから新製品が出るわけじゃないけど カネ持ってんだから もっと いろいろなことができるだろ
というタイトルでアップルのWWDC21(開発者会議)をみてみよう。

最初に注意しておきます。

アップル信者のみなさんここをクリックして退出して下さい。

アップル信者の方は、絶対に読んではいけません。
不幸になるだけです。

では、アップル信者の方以外の人は、最後まで読んでやってください。

キモい会場

まずは、この映像を見てくれ

生首がずらり

IT小僧は、このミー文字というのが、気持ち悪くてしかたがない。
※米国のセンスなのかしらないけど 変な宗教でもはじめるのでしょうか?

Google I/Oの開放的で爽やかなキーノートと比べてみてください。

進化しないiOS

まぁ 期待していなかったけど ここまで進化のないiOSの発表とは、想像できなかった。
しかも iOS15というメジャーバージョンアップでですよ

細かい使い勝手が嬉しい!
なんてコメントがありますが、そんなの マイナーバージョンアップでやってくれ!

FaceTime

FaceTimeにスペ―シャルオーディオ
加わって、話し手の方向がわかる
さらにマイクの音質強化

そんなのとっくにハードウェアメーカーが出してるし Zoomだって発表している。

グリッドビュー

要は、ビデオ会議っぽくなって背景ぼかしが追加

正直、Zoomとかのビデオ会議の機能を搭載しただけ

FaceTimeが、Webでも可能になったのでWindowsやAndroidユーザーも参加できる。
ってね  すげぇーーーーーー

でも 別にFaceTimeじゃなくてもいいし Zoomでいいじゃん
MicrosoftのTermsもあるしね・・・

どこかのYouTuberが、FaceTimeであの会社がヤバい云々カンヌンなんて言っているけど

バカな発言にご注意ください。

WindowsとOfficeのビジネス現場でFaceTimeは、ありえない。

せいぜい FaceTime飲みレベル

本格的にZoomなどに対抗するなら、WindowsやAndroidデバイスやLinux版のアプリをつくるだろう。

Apple製品だけアプリで他は、Webでもできますって 最初からやる気なしなのがミエミエです。

SharePlay

AppleMusicで再生ボタンおしてFaceTimeでシェアする
別に目新しい機能でもないし 今更ですか?
日本でJASRACは、大丈夫なの?

Messages

どこかで見たことあるなぁ・・・

Facebook Messenger と錯覚したよ まじで

通知サマリ

これは、おもしろい

自分が選んだ時間帯に通知が届くという通知の意味を理解していない新機能
通知ユーザーを絞ったり、スマートフォンを伏せれば通知をオフになる機能の真逆の発想である。

仕事中や食事中は 「取り込み中」というならば、通知オフに知ればよいだけなんですが・・・

Live Text

またまた、GoogleレンズのマネでおそらくAIのレベルからするとGoogleレンズの足元にも及ばない可能性大

他のカメラ機能も ほぼ Android(Google)の後追いで目新しいものなどない

日本語対応はいつになるんですか?

MicrosoftLenzもあるしね

Wallet

会社やホテルのチェックイン、ディズニーランドのチケットもiPhoneで管理できるという機能

まぁ それは、いんですが、iPhoneが壊れたらアウトで何も立ち行かなくなります。

デジタルの集中化にともない、盗まれたときの危険性は増してゆく。

デジタルID

空港の検疫もこれでOK
政府発行IDをスマホで管理

日本では、使えないだろうな・・・

天気とマップ

天気は新デザイン。Android勢から買収したDarkSkyが頑張るのだろう
でもYahoo天気予報の足元にも及ばない。

て どこが変わった?

マップは、諦めないね・・・

どんなにすごい見せ方をしても地図で重要なのは、今いる場所で使えるかどうか?

ということで 日本の対応は、かなり後かやらない可能性もある。

 AppleのMapが、ここまで来た すげぇ

という人がいますが、やっとですか・・・今頃
という話なので全然凄くもなんともない。

結局、見た目が良くても 使えなければ 意味がない。

Google Map、Yahoo Mapがあるのだから 日本ではいらない。

ここまでみてきて

地味すぎるのと他社の後追いしか 搭載できないのだろうか?

Appleユーザーの中で言えば、それぞれのデバイスとユーザーとAppleの世界という限定で考えると正常進化系のiOSである。
地味だけど、地味に使い心地は向上している。

そのそもiPhoneもiPadもmacもApple社の製品ですから、他社のことを考える必要もないので

これは、正義と言えよう。

Appleの世界以外で使えたていたものが、Appleの世界でも使えるようになった

という意味は、大きい。

他のデバイスやサービスで実現できていてiPhoneなどのApple製品で実現できていないものをAppleユーザーのためにわざわざ作ってくれた
わーい! これで Androidにも負けないぞ!

でも それは、自社のユーザーに利益になることなので なりふり構わずやってほしい。

お得意のプライバシーは人権です。

これまでのAppleの取り組み繰り返し、MailアプリやSafariの機能追加とAndroid 12みたいな「アプリプライバシーレポート」を追加

Appleの製品は、安全です!

でも、中国でiPhoneを販売するためにiCloudの鍵を政府に渡してしまったわけで

「プライバシーは人権(中国は除く)」

と記載しよう。

さらにiPhoneは、ほぼ中国製品とかしているので、あの国に逆らえないという事情があります。

あの国にiPhoneという稼ぎ頭の製造を握られていて 逃げられない状態になっています。

中国政府系企業がデータセンターを管理

 中国の南西部に、貴陽市という都市がある。アップルは6月までに、この都市にあるデータセンターに、中国のユーザーの個人データを移管し、その管理の多くを国営企業に委ねるという。

そのデータセンターでは、国営企業の社員がコンピューターを操作し、個人データの暗号化を解除するキーもデータセンターで保存すると、ニューヨーク・タイムズは報じている。

習近平国家主席率いる中国政府は近年、米国などの大手IT企業に対する圧力を強めている。

アップルは、たびたび中国政府からのさまざまな要求をはねつけてきたとされる。

しかし、同時に、アップルにとって中国は売上の5分の1を占める巨大市場で、製品の大部分をつくる製造拠点でもある。

アップルが中国政府に対して大幅に譲歩したことで、中国のアップルユーザーは、いままで以上に政府の検閲にさらされることになる。

アップルの広告を見ると、多様性や個人の自由、自律といったメッセージを感じさせるクリエイティブが多い。

中略

データセンターにアクセスすることで、個人がどこにいて、だれとどんな内容の連絡を取っているのか、簡単に把握できるようになる。

アップルは今月、「すべての国において、プライバシーとセキュリティについて同じ高い基準を設けている」との声明を出した

中略

アップルのウェブサイトには、「プライバシーは基本的人権です」と大きな文字で書いてある。

少なくとも、スティーブ・ジョブズの時代までは、黎明期の自由なインターネットの雰囲気を残していた会社だった。

ASCII

小島寛明の「規制とテクノロジー」より

これについて皆さんはどう思うのでしょうか?

中国だから と言うことで無視ですか?

販売、製造を握られているアップル社に同情するところはあります。

Siriがついに通信なしでも動くように

今さらですか?

Google I/Oの2019年版をみてみようね!

iCloudのストレージ

ケチケチなiCludeが大きく変わる。

iCloudのストレージの管理がさらに柔軟になります。iOS 15ではデータ移行の際に一時的にストレージ容量を拡張してくれるんです。
Apple(アップル)によると、この機能では最大3週間にわたって一時的にバックアップに必要なストレージ容量が付与されます。そのおかげで、アプリやデータ、設定をスムーズに移行することが可能になります。この機能拡張は、もちろん無料です。

最初からもっと大容量のストレージを安価で提供しなさいよ!

その他諸々と目玉企画

と ここまでディスって?

いや、Appleの外からみた感想ですが、おそらく Apple推しのブロガー、YouTuberは、これらの機能を激推して記事や動画を作成するだろう。

その最大の目玉商品はこれ

ユニバーサルコントロール

iPadとMacを並べて置くと、ひとつのマウスとキーボードであら不思議
MacとiPadの間をカーソルが自在に行き来してますよ。

アップル製品を複数持っている人だけが、歓喜する機能であります。

これで 激使えない iPadの日本語入力が少しはマシに鳴るかも知れない。

Swift

これは、開発者からすると注目に値するところです。
IT小僧もiPhoneの開発をやっているので非常に興味ありなので、現在確認中です。

ただお願いが一つ、古い書き方のソースでエラーにするのは止めてくれ・・・

カネを儲けるには、M1でもう少し引っ張る。

M1の後継チップが出るとか、MacBook Proが発表されるとかは、ないのはあたりまえでしょう。

M1チップが登場してまだ半年ちょっと、ここでM2とか Mなんとか? とか発表したら

せっかく M1チップでラインアップを揃えたのに売上急降下、買い控えは必須
そんなこと カネを儲けたい Appleがやるわけがない。

せっかく開発したM1チップを少し引っ張らないと開発費用がもったいない

売れ行きが落ちてきたら、色を変えて出せばいいんだ!
iMacを出しておこう。

それより、iPad Proが、5G以上メモリーを使ったらクラッシュするのを対応するのが先でしょう。

まとめ

信者の方は、読んでいないと思うので言いますが、

最近のAppleは、新しいことに挑戦する気がありません。

他社のアイデアを自社が開発したっぽくみせかけてAppleユーザーの世界に取り込むという状況が続いています。
そのため、あれほどシンプルだった設定画面が、バージョンが上がるために階層が深く複雑化しています。

つまり 守りに入ってしまったのである、

今回は、iPadOSについては、触れなかったけれど、こちらは、かなりの進化を遂げていると感じています。
しかし 所詮タブレットであり、貧弱な日本語環境のままでは、パソコンの代わりには、絶対になり得ない。

この先の流れを考えると、デバイスの性能ではなく快適なネット環境の普及とビジネス&コンテンツサービスの戦いになるような気がします。

必要十分な表示能力とまともな入力が、できれば、どこでもオフィス、どこでもエンタメがもっと快適になるはずです。

5Gがどれだけ普及するかわかりませんが、(5Gが)まともに接続できたとき 端末の性能などどうでもよい時代が来るでしょう。
Chromebookが売れ始めたのは、その第一歩だと思っています。

そこで主導権を握るのは、Cloudを制している amazon、Microsoft、Googleです。
Appleも(Cloudでは、勝負にならない)それに気がついているので 守りに入ったのではないか?
そんな気がします。

最後にこの記事は、ブラック時事放談なのでIT小僧の個人的な見解でAppleになんの恨みもありません。

IT小僧が言いたいのは、

カネ持ってんだから もっと いろいろなことができるだろ

と言いたいのです。

ビジネスでは、お話にならないほど劣化
お得意の教育もChromebookに負け決定
動画もWindowsとNVIDIAに完敗

残ったのは、iPhoneとiPadとキモいミー文字?
それと
新製品ならなんでも推してくれて絶賛してくれるYoutuber達

そろそろ まじで方向転換したほうがイイんじゃないだろうか?

では、また ブラックな話をお楽しみに

最後に

キモい画像で締めくくります。

あとがき

Apple大好きな YouTubeの人は、このWWDC21のネタでどんな動画を作るのか?
困っているだろうなぁ・・・・

「ユニバーサルコントロール すげぇ 神」

ばかりになるだろうな

画像:GIZMODE

-IT小僧のブラック時事放談
-,

Copyright© IT小僧の時事放談 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.