小僧のオススメ

5G対応モバイルルーター「Galaxy 5G mobile Wi-Fi」で5Gを使いまくったら 3日で15Gの制限を軽く突破した というお話



WiMAXの端末を Galaxy 5G mobile Wi-Fi に変えました。

これまでのWiMAXとは違い、通信が途切れることもなく仕事帰りに電車の中でNetflixをみているのですが

ちょっとやばいことになってしまいました。

今回のIT小僧のオススメは、
5G対応モバイルルーター「Galaxy 5G mobile Wi-Fi」で5Gを使いまくったら 3日で15Gの制限を軽く突破した というお話
と題して、

5Gは、たしかに速いし、スマートフォンも快適になった
でも制限がある場合、ちょっと注意が必要です。

というお話です。

なにかの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

Galaxy 5G mobile Wi-Fiは、Android端末だ

Galaxy 5G mobile Wi-Fiは、au、UQ WiMA2で販売されているモバイルWi-Fiルーターです。

Samsung社の製品で中身はAndroid端末そのものです。

立ち上げ時の画面をみると
一瞬 アプリの立ち上げが見えるのでAndroidOS上でひとつのアプリとして動作していると推測できます。

WiMAXルーターを1アプリと考えるとメンテナンスと迅速な対応ができるような感じがします。

まだ購入して1週間程度ですが、起動時と2回のアップデートが行われています。

アップデート内容は、UQモバイルのページに記載されています。

2021年4月21日 通信品質の改善
https://www.uqwimax.jp/information/202104222.html

2021年5月17日 画面が点灯しない場合がある事象の改善
https://www.uqwimax.jp/information/202105171.html

もっとも、ユーザーにとってどんなOSで動いているかとか、どうでもよい話です。

今のところ 安定して動作しているし、バッテリーも一日は持ちそうだし、発熱もまったくありません。

唯一の欠点は、でかくて重いぐらいです。

5Gは、本当に激速だった。

現在 5Gには、ミリ波とSub-6の2種類があって それぞれ以下の規格となっています。

ミリ波
受信時最大:4.1Gbps、送信時最大:278Mbps


Sub-6
受信時最大:3.4Gbps 送信時最大:183Mbps

(実際は、規格上の数値なので実際は、そこまで速くない)

Galaxy 5G mobile Wi-Fiはミリ波には対応していません。

なんちゃって5G(失礼 Sub-6)なんて揶揄しているひともいます。

なんちゃって?

まずは、このスピードを見てください

どうですか?

これだけのスピードが出るならば、スマートフォンでは、お釣りが来そうです。

よく、ミリ波でないと ダメ

なんていう人がいますが、

現在のスマートフォンでそこまでのネットのスピードを要求しているアプリってなさそうな気がします。
※バリバリのゲーマーは、知りませんが・・・

なんちゃって5Gなんかダメダメ

なんて言っている人
そのネットスピードを使ってスマートフォンで何に使うのか教えてほしいものである。

※スマートフォン限定の話なので間違えないように

ネット接続が前提になっているスマートフォンにとってネットのスピードが上がることは、スマートフォンの快適さが1ランク上がるような感じがします。

あれ? 端末が新しくなった・・・

と実感できるほど快適さが増したのです。

ここまでネットのスピードが上がるということは、その先は、接続先のサーバーの反応速度が問われる時代へとなるでしょう。

スピードが速いぞ 5G
たとえ Sub-6でもその快適さは、感動ものです。

しかし、ここに大きな落とし穴があったのです。

3日間制限に引っかかった

5Gのマーク発見⇒スピードテスト⇒すげぇ

ということを数日繰り返していたら こんなことになってしまいました。


黄色信号が付きました。

そして 翌日

はい! 赤信号になりました。

3日間の制限です。

UQ WiMAXでは、直近3日間で15G以内という制限があります。

3日間で15GB以上ご利用の場合の速度制限について

より多くのお客さまにWiMAX +5Gを快適にご利用いただくために、短期間に多くのデータ通信をご利用の場合、ネットワークの混雑回避のため通信速度を制限させていただきます。

速度制限がかかるご利用データ量

直近3日間で15GB以上(「WiMAX 2+」と「au 4G LTE」と「au 5G」のデータ量の合計)

制限時間

3日間で15GBを超えた日の翌日のネットワーク混雑時間帯

制限後の最大通信速度

概ね1Mbps(YouTube動画の標準画質レベルが視聴可能な速度)

  • 送受信の最大速度であり、実際の速度は電波環境等に応じて1Mbps以下となることがありま

UQ WiMAXより

15Gの制限を超えても日中は通常通りに快適に使えていましたが、制限オーバーの翌日 18時あたりから制限が発動

自宅で試験をしたところ

確かに1Mbps程度しか速度が出ていませんでした。

自宅では、固定回線のWi-Fiがあるので Galaxy 5G mobile Wi-Fiを使うことはありませんが、会社から帰宅するときに制限がかかるのは、厳しい

Netflixのブラック・リストを楽しみにしているIT小僧にとってこれは、大きな問題となる。

そこで、はじめて? Netflixのダウンロード機能を使うことにしました。

なぜ制限に引っかかったか?

これまでも UW WiMAXの端末を使ってきたわけですが、一度も3日間の制限に引っかかったことはありませんでした。

そこで、ここ数日の行動を振りかえると こんなことやってました。

5Gのマーク発見 
⇒ スピードテスト
⇒ すげぇ

を繰り返していたのです。

1回の計測する数十秒のチェックで数百M以上消費するわけですから そりゃ データ消費しますよ

Netflixも高速通信に自動切替モードでめちゃくちゃデータ量を消費している可能性があります。
※確認したら「自動」になっていました。
https://help.netflix.com/ja/node/87

設定を見直そう

5Gモードになったとたんにデータ使用量が増えるのは、仕方がないので Netflixの毎日見ているドラマは、自宅で数話先までダンロードすることにしました。

それ以外は、様子を見ながら徐々に使い方を習得するしかなさそうです。

外出先でノートPCや複数のスマートフォンなど 複数のデバイスを使うIT小僧のような生活だとGalaxy 5G mobile Wi-FiとUQ WiMAXは、ありだと思います。

Galaxy 5G mobile Wi-Fiは、バッテリーも大容量 6:00~20:00まで普通に使っていても40%を切ることはほとんどありません。

それだけでも前モデルから乗り換えた意味は大きいです。

ただし、5Gだぁ すげぇ で調子に乗ると 制限の恐怖がやってくるわけです。

なにより

5Gのマーク発見 
⇒ スピードテスト
⇒ すげぇ

を控えようと思います。

まとめ

5Gは、スマートフォンを快適に使用することができることを実体験しました。

これまで遅いと感じていた ブログやページもかなり快適になっています。

その一方、使用するデータ量が増えることで制限を考える必要となります。

これを考えると、

大手キャリアの使い放題プラン(といいつつ制限がありますが)は、(料金を考慮しないという条件で)現実的になるでしょう。

実際に5Gを体験して、2時間の映画が数十秒でダウンロード。。。 だけど3G使うという現実を知りました。
そして、今のスマートフォンで5Gを生かすアプリなんてあるのだろうか?

IT小僧は、昔々 300bps でパソコン通信をはじめました。
U.S. Roboticsの56kbpsモデムを秋葉原で入手して これで爆速回線を手に入れたとワクワクしたことを思い出しました。

テクノロジーの進化は、爆発的な進化していると実感する今日このごろである。

 

-小僧のオススメ
-,

Copyright© IT小僧の時事放談 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.