IT小僧のブラック時事放談

モバイルWi-Fiのキモ レンタルWi-Fi、キャッシュバック多め、お一人一台は、ヤメておけ

2021年5月7日

NECプラットフォームズ 自動SIM切り替え LTE モバイルルーター Aterm MR05LN ( デュアルSIM 対応 / nanoSIM×2 ) PA-MR05LN
今回、モバイルWi-Fiの切り替えを検討するのに 多くのネットの記事、YouTubeなどを拝見しました。

そして、その結果は、UQ WiMAX +5G(ギガ放題プラス)を契約することにしました。

今更、WiMAXとかヤメておけ
レンタルWi-Fiの無制限がベスト
WiMAXなら、キャッシュバックのある Bなんとか(自主規制)がお得

なんて、実に多くのご意見が飛び交っていました。

今回のIT小僧のブラック時事放談は
モバイルWi-Fiのキモ レンタルWi-Fi、キャッシュバック多め、お一人一台は、ヤメておけ
と題して、ブラックらしくぶった切るので モバイルWi-Fi選びに「まったく参考にならないかも知れない」個人的意見を書いてみました。

IT小僧は、どこからもプロモーションなどを受けていないので個人的偏見で書きます。

最後までお付き合いしていただいたら幸いです。

モバイルWi-Fiなどいらない

はい! 

モバイルWi-Fiなど必要ありません。

終了!

というわけにも行かないのでモバイルWi-Fiなどいらない人について書いてみます。

お一人一台

ズバリ お一人一台しか使わない人は、モバイルWi-Fiなど 契約してはいけません。

スマートフォンの契約で大容量のデータプランを組みましょう。
一台のスマートフォンしか使わないのに わざわざ、別回線を契約する意味は、まったくありません。
お金の無駄です。

SIMカードってなに?

という人は、モバイルWi-Fiやahamoを選ばずに 携帯ショップに行って 待ち時間も気にせず、店員さんとコミュニケーションを取りながら、高価なプラント、手数料などを払って 全部やってもらってください。

iPhoneとかお選びになると 「みんな使っているから安心」です。

急にリモートワークになった・・・

これは、難しい!

自宅に光などの固定回線があれば、まったく問題ありません。
または、会社から支給されたWi-Fiルータがあるならばそれを使えばいいだけです。

ここでモバイルWi-Fiという選択肢があると思います。

もし、モバイルWi-Fiを使いたいと思うならば、UQ WiMAX(本家)のギガ放題プラスにしましょう。
途中解約しても契約解除料金が、税込1,100円なのです。

15日間お試しで無料で貸し出してくれるところもあるので積極的に使いましょう。
https://www.uqwimax.jp/wimax/beginner/trywimax/

楽天モバイルの電波が届くという幸運な人

は、楽天モバイルと契約しましょう。
ひと月、3000円程度で 使い放題(のはず)だからです。
もう使い放題で使いまくりましょう。

ちょっと話が変わります

日本企業の経営者の多くは、昭和の頭のままで止まっている人が多いので

リモートワークは、仕方なくやっている

からです。

連休明けの東京を見ればよくわかります。
緊急事態宣言なのに通勤させて 狭い?オフィスで仕事をさせたがるからです。

リモートワークが効率的に運営できない
と考える古い昭和の頭の経営者や上層部がいる会社は、数年後の2025年の崖から転げ落ちてしまうでしょう。

閑話休題 話をもとに戻します。

モバイルWi-Fiの電波が届かない

この場合は、あきらめて クソ高い キャリア契約しているスマートフォンでテザリングしましょう。
docomo、au、SoftBankならば、ある程度、カバーされているでしょう。

ただし! 楽天モバイルは、微妙! モバイルWi-Fi(特にWiMAX)の電波が届かないところで楽天モバイルの電波が届くとは思えないからです。

自宅回線にモバイルWi-Fiを使うな

自宅用にモバイルWi-Fiを契約している人もいると思いますが、固定回線(光など)を引いたほうが、ストレスもないし、お金も結果的に安く抑えられます。

ホームルーターなどを契約している人がいますが、絶対におすすめしません。

通信量の制限にかかって

文句を言っている人が多い

ですが、家族で使うわけですから、制限がかかってあたりまえです。

どうしても固定回線が引けないと言うならば、モバイルルーターを購入して楽天モバイル(が使えることを祈る)か、各個人でahamoなどを契約したほうがよい。

クラウドWi-Fi、レンタルWi-Fiは、やめとけ

一時期 流行った クラウドWi-FiやレンタルWi-Fi

使い放題という罠にハマって契約した人! ご愁傷様です。
ちょっと調べればわかりますが、急に契約変更したり、使い放題が、制限されたりします。

経営母体が小さいところが多いのでサポート皆無、問い合わせがつながらない
など、ザラです。

まじめなところもあるかも知れませんが、ヤバいところが多いのは事実です。

数年前のYouTubeなどの配信者でクラウドWi-Fi、レンタルWi-Fiを推している人は、ほぼ間違いなくカネを貰って宣伝しています。

特にレンタルWi-Fiは、海外旅行者をターゲットにしている場合が多いので、コロナ禍で経営悪化しているところも多く、会社と連絡ができなくなったり、勝手に制約が厳しくなったりするところや経営破綻するところも多いので注意が必要です。

キャッシュバックの罠

キャッシュバックに惹かれて なんちゃらWi-Fi(自主規制)にすると、何年縛りで更新期間以外は、契約解除料金がべらぼうに高い場合があるので要注意です。

WiMAXだったら、本家 UQ WiMAXです。
しかし、本家 UQ WiMAX以外にもと●と●とか、B●●●●とか、カ●●とか(いずれも自主規制)では、2年縛り、3年縛りを条件に数万円のキャッシュバックをやっているところが多いので注意して下さい。

本家 UQ WiMAXより、料金が安い

だから、お得です

なんて、YouTuberやブログで宣伝しているひとが多いのですが、その多くは、お仕事で宣伝している場合があるので注意が必要です。

WiMAXは、どの企業で契約してもエリア、スピードも変わりません。
違うのは、本家か否かということだけです。

本家 UQ WiMAX以外では、2年縛り、3年縛りで途中解約で数万円を取られるところが多いわけです。
使わなくなっても毎月、カネがかかるし、途中解約したくても数万円の解約料を取られます。

ですから、キャッシュバックに目にくらんで契約すると、途中で契約解除しずらくなる→結果、契約満了までしばられます。

また、キャッシュバックの条件が、キャッシュバックが面倒だつたり、難しくするような罠(気がする)があると思うのは、IT小僧だけでしょうか?

WiMAXだったら 本家 UQ WiMAX

IT小僧は、どこからもプロモーションなどを受けて記事を書いていません。

自分でいろいろ調べて、本家 UQ WiMAXのWiMAX +5G ギガ放題プラスを選択しました。

なにより、WiMAX 2+だけではなく au 5G、au 4G LTEまで使えるようになりました。
直近3日間の通信量制限も 10Gから15Gになりました。

このあたりは、実際に端末や運営をはじめてから詳しくレポートします。
※くれぐれも言っておきます。本家 UQ WiMAXからは、おカネをもらっていませんよ!

お前は、なんでモバイルWi-Fi使っているのか?

モバイルWi-Fiは、いらない!

というYouTuberやブログで主張している人がいますが、それは、1台のスマートフォンで運営しているという前提だと思います。

複数のスマートフォンやノートパソコンを自宅外で使っているIT小僧にとっては、モバイルWi-Fiを使っているのは、、コストが安いからです。

現在、au回線でINFOBAR xv、IIJmioでPixel 3、他にChromebookなどをお出かけで使う場合が多いのでこれらすべてを快適に使うには、モバイルWi-Fiが便利でコストが安いからです。

テザリングという手段もありますが、大手キャリアの回線で大容量を使うためには、あまりにも高価な通信料金なので敬遠したい。

例えば
IIJmioは、音声+SMS+データ2Gで 税込み858円で契約できます。
このデータ2Gは、モバイルWi-Fiを使っている限り ほとんど使用しません。

自宅では、固定回線があるのでモバイルWi-Fiは、お出かけ専用となります。

家族のスマートフォンもIIJmioで契約しているので 一緒にお出かけするときは、モバイルWi-Fiを使うことになります。

というように 複数台の運用ならば、モバイルWi-Fiは、有効です。

まとめ

モバイルWi-Fiだけではなく、通信環境は、場所などの環境に左右されるので全員が、恩恵に預かれるかどうか微妙です。

ブログやYouTubeを見ていて感じるのですが、
「文句を言えば注目される」わけです。

WiMAXだって快適に使っている人は、わざわざ 記事にしないし、動画にしても再生回数は伸びない

最近は、15日間お試しで無料で貸し出してくれるところもあるので積極的に使いましょう。
https://www.uqwimax.jp/wimax/beginner/trywimax/

なにより大事なのは、大声で文句を言って注目を集めている人に惑わされないようにしましょう。

多くの配信者は、おカネのためにやっている場合が多いのです。
※IT小僧も運営費を広告費用で賄っていますが、企業からの案件は、ありませんを

最終的には、自分で調べて、自分で納得してから契約しましょう。

-IT小僧のブラック時事放談
-,

Copyright© IT小僧の時事放談 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.